千葉県を中心にお出かけ施設の紹介&食レポ

アルカサール印西は残念ショッピングモール。現地に行ってきた感想

千葉ニュータウンは、ショッピングモールや大型施設が集中している地域です。1966年より住宅都市を作ろうと千葉県主導で開発を進め、イオンやジョイフル本田など大型施設を誘致してきました。千葉ニュータウン計画は2013年に事業は収束したとのことです。当初の計画より縮小したため、人口増加などは少ないですが、大型施設はそのまま残り、周辺住民や少し離れた地域に住んでいる家族ずれにとって重宝されています。

今回行ってきた「アルカサール」も印西にあるショッピングモールの1つです。千葉ニュータウン駅から徒歩2分で行ける抜群の立地条件にもかかわらず、他の大型施設と比べて非常に影が薄い…。

本記事では、アルカサールに実際に行ってきた感想を中心にまとめました。


アルカサールの作りは中世ヨーロッパ風

アルカサールの特徴は、ショッピングモール内の作りが中世ヨーロッパを意識しているという点です。ノートルダムの鐘を意識した塔やオシャレな噴水。ショッピングモール内もレンガ風壁板を用いり、石畳を敷き詰めた下面は非常に歩きにくいです。さらに、子供を意識したイベントや遊具などはショッピングモール内に一切なく、子連れで行くようなショッピングモールとは言い難い感じですね。

唯一遊び心があるのが、ヨーロッパを意識した建造物を一緒に写真を撮れるシャッタースポット。といってもこれだけなので、子供が行っても楽しめるような感じでもないし、大人が行っても…。せめて、簡単なイベントや施設を利用した遊具があれば、雰囲気が変わるのですが…

テナントが塾と飲み屋ばかり

施設は残念な雰囲気がすごいですが、テナントも微妙。子供が楽しめる遊びテナントや地元に根差したお店など、ショッピングモールで独自性を出すべきテナントは重要です。残念ながらアルカサールはこれらの遊び心を一切排除し、「塾」「飲み屋」「保育園」「フィットネス」などショッピングモールと一切関係ない店舗が軒を連ねています。そのため、楽しめる施設どころか昼食を食べることすら「アルカサール」では難しいでしょう。ただし、アルカサール内にあるカプリチョーザは空いていて穴場ですね。

どうして飲み屋やチェーン店ばかりになってしまったのかの経緯は不明ですが、ショッピングモールの役割としては終了していると思われます。昔は栄えていたらしいですけども。地元野菜を生かした八百屋が店を構えていますが、店内は客がまばらで置いている野菜も突出している物はありませんでした。

アルカサール内はガラガラ

施設の作りもチグハグ、テナントもショッピングモールに適していないアルカサールは人気が出るわけがありません。私が訪れたのは平日11時でしたが、私以外に歩いている人は掃除のおばさんだけでした。近隣にイオンや大型ショッピングモールができてから人が取られてしまったようです。

何故か駐車場は満杯

アルカサールの駐車料金は30分200円。周辺施設の駐車場と比較すると高額設定です。一応、施設内を利用したら駐車料金が3時間無料になりますが、利用できる施設がほとんどなく、仕方ないので地元野菜の店で軽く買い物をしました。

料金設定が高くて客足が少ないのにもかかわらず、立地条件がよいためか駐車場は満杯です。周りの施設は平日では駐車場がガラガラなので稀有な例とも言えます。

「人がいないのに満車」といった妙な状況を生み出しているのは、月額1万円で駐車場を借りることができるからと思われます。アルカサールはゴーストタウンですが、千葉ニュータウン駅から近くアクセスは非常に便利です。そのため、駐車場を借りる人が多く、施設利用者より月額利用者を意識しているように思えます。

様々な紆余曲折があったと思いますが、駐車場がいっぱいの施設は幼い子供がいる家庭にとっては足が遠のくことになりかねません。この点においても施設として迷走していることが見え隠れしています。



隣にルートイン建設中。飲み屋街になるかも…

この記事を書いている時点(2019年10月)では、アルカサールの隣に2020年2月オープン予定のルートイン千葉ニュータウン店を建設中になっています。子供ウケを全くしないテナントですが、飲み屋としてはチェーン店と地元店が入り混じり悪くありません

ルートインなどのビジネスホテルに泊まる客のほとんどは出張が多く、出張中のビジネスマンは出張先の飲み屋で飲みながら食事をとるケースもあるでしょう。また、顧客と飲むケースもあります。そのため、ルートインができることによって、アルカサールは飲み屋街として活性化するかもしれません。

子供や家族連れは他の施設がおすすめ

ルートインができることによる恩恵はアルカサールに多少あるでしょう。しかし、子連れにとっては飲み屋が増えると足が遠のきます。万が一、サラリーマンを癒すお店ができたらなおのことです。

現時点でも子連れには合っていない施設であることは明白ですが、ルートインができることによって夜の街が一層使いにくくなるかもしれません。印西には子供が楽しんで遊べる施設がたくさんあります。子連れや家族連れはアルカサールではなく、他の施設を利用しましょう。

アルカサールの基本情報

住所千葉県印西市中央北1-4
アクセス千葉ニュータウン中央駅徒歩2分
営業時間11:30~22:00


みっち

千葉県を愛する4歳♂2歳♀の子持ち主婦ライター&ブロガー。本ブログは千葉県中心にお出かけ施設、地域グルメや市販品の食べものを紹介しています。



関連記事一覧