千葉県を中心にお出かけ施設の紹介&食レポ

業務スーパー「冷凍ハンバーグ」3種類を食べた感想。全部おいしいのでおすすめ

業務スーパーには肉加工品やスイーツ、特大調味料など普通のスーパーでは見かけない食料品を数多く取り揃えています。特に神戸物産オリジナル商品や海外直輸入商品は他ではないお得感があります。業務という名前通り、店舗を営んでいる料理人や玄人が通っている点も他ではあまり見かけない特徴です。

今回は肉料理の代名詞といえる、業務スーパーオリジナル「冷凍ハンバーグ」3種類ハンバーグステーキ・チーズ入りトマトソース・和風おろしソース)食べてみました。過去でも業務スーパーハンバーグをレビューしましたが、あまりにもまずくて今後の処理に困る結果となりました。本記事では味だけでなく、調理法や口コミの観点からまとめました。


業務スーパー|冷凍ハンバーグの値段は?

購入した冷凍ハンバーグは「ハンバーグステーキ」「和風おろしハンバーグ」「チーズ入トマトソース」3種類。全種類価格は1個95円でした。スーパーで販売されている某ハンバーグは1個180円程度。ただし、4個1セットになっているチキンハンバーグなどは1個88円で販売されています。

業務スーパーの冷凍ハンバーグは「コスパは悪くないけど、妥当な価格」といった印象です。ちなみに以前食べた業務スーパー「あらびきハンバーグ」は1個45円でした。味はとんでもなくまずいですけどね。

業務スーパー|冷凍ハンバーグの栄養成分と原材料

ハンバーグステーキ

原材料鶏肉、牛肉、たまねぎ、パン粉、でん粉、粉末状植物性たん白、乾燥卵白、豚脂、牛筋、トマトケチャップ、たん白加水分解物、しょうゆ、食塩、砂糖、牛脂加工品、香辛料、リン酸塩、調味料、着色料

原材料をみて気になる表記を調べました。まず粉末状植物性たん白は大豆や小麦などの植物からたんぱく質を抽出したものをいいます。たん白加水分解物は様々なアミノ酸のことをいい、あらゆるたんぱく質より加水分解しています。加水分解は単純加工なのでたん白加水分解物は食品に分類されているようです。

1個140g

カロリー307kcal
たんぱく質17.3g
脂質19.2g
炭水化物14.2g
食塩1.6g

1個の大きさが140g。びっくりドンキーの最小が200gなので、やや小さいといったとこです。カロリーが307kcalと結構高いので、ご飯大盛と一緒に食べると1,000kcal近くになってしまうかもしれません。

和風おろしハンバーグ

原材料鶏肉、たまねぎ、豚脂、パン粉、粉末状植物性たん白、乾燥卵白、牛筋、食塩、トマトケチャップ、ビーフエキス、香辛料、加工デンプン、リン酸塩、調味料、着色料、甘味料、おろし大根、しょうゆ、砂糖、発酵調味料、こんぶだし、米酢、かつおだし、増粘剤、調味料

ハンバーグステーキと入っている物はほとんどかわりません。肉が鶏肉だけになってしまったところが、大きく異なるところです。ソースはおろし大根と醤油がメインの和風だし。ハンバーグと相性が良いので食べるのが楽しみになります。

1個160g

カロリー263kcal
たんぱく質13.2g
脂質14.5g
炭水化物18.4g
食塩2.0g

食塩は和風おろしソースがあるため、ハンバーグステーキより高めですが、脂質とたんぱく質は牛肉が入っていないためか少なめ。カロリーも抑えられています

チーズ入りトマトソース

原材料鶏肉、たまねぎ、豚脂、パン粉、粉末状植物性たん白、乾燥卵白、粒状植物性たん白、牛筋、食塩、トマトケチャップ、ビーフエキス、香辛料、加工デンプン、リン酸塩、調味料、着色料、甘味料、トマトケチャップ、トマトペースト、砂糖、おろしにんにく、でん粉、食塩、香辛料、加工デンプン、アミノ酸、チーズ、乳化剤、カロチノイド色素、レシチン

ハンバーグの原材料はおろし大根とほとんど変わりません。ソースはトマトケチャップ、トマトペーストとトマトを主体ににんにくで風味をつけているようです。チーズもしっかり入っており、1個95円の割には贅沢です。

1個155g

カロリー274kcal
たんぱく質14.9g
脂質16.7g
炭水化物14.5g
食塩1.8g

カロリー、脂質、たんぱく質はおろし大根より高めです。こちらも牛肉が入っていないため、ハンバーグステーキよりは低いです。



業務スーパー|冷凍ハンバーグの簡単調理方法

冷凍ハンバーグ3種類とも作り方は簡単です。沸騰したお湯に3分入れたら出来上がりと書いてありました。以前購入した「あらびきハンバーグ」は火が通るように自分で焼いて、ソースで自前で用意する必要がありましたが、こちらはボイルだけでよいので非常に楽です。ただし、3分と書かれたボイル時間では足りなかったため、7分程度温めました

業務スーパー|冷凍ハンバーグを食べた感想

ハンバーグステーキ

思ったよりハンバーグは大きいです。

厚みも充分あるのが嬉しいポイント。

中にはお肉がぎっしり。胡椒が効いた肉のうまみがたっぷり詰まったハンバーグは食べごたえ十分です。以前食べた「あらびきハンバーグ」とは異なり、味は申し分なく、1個180円程度で販売しているハンバーグに見劣りしません。ソースをかけずに食べましたが、ハンバーグ自体に味がしっかり乗っており、ソースをかけなくても十分食べることができます。

おいしさ★★★★☆
満足度★★★★☆
コスパ★★★★★
おすすめ度★★★★☆


和風おろしハンバーグ

こちらはおろしハンバーグ。焼き色はハンバーグステーキと異なり、菱形上になっています。おろし大根のソースが思ったより多いですね。

さっぱりした大根と醤油ベースのソースはハンバーグと絶妙にマッチしていて非常においしいです。ソースのないハンバーグステーキは肉々しい印象がありましたが、こちらはさっぱりしています。

おいしさ★★★★★
満足度★★★★☆
コスパ★★★★☆
おすすめ度★★★★★

チーズ入りトマトソース

最後にチーズ入りトマトソース。濃厚チーズとトマトソースが絡み合っています。トマトソースが少ない気がしますね。

ハンバーグパテはおろし大根とほとんど同じはずですが、ソースが濃厚なため、結構こってりした味がします。チーズが絡むことによって重量感が増し、どっしりした印象がありますね。これはこれでおいしいですが、私の好みとしてはおろし大根が一番口に合いました。

おいしさ★★★☆☆
満足度★★★★☆
コスパ★★★★☆
おすすめ度★★★★☆


業務スーパー|冷凍ハンバーグの口コミ調査

・おろし大根とチーズインハンバーグは鶏肉で繋ぎが多い為、さっぱりした印象がある
・ハンバーグステーキは牛肉が使われているため、ジューシーな味わい。かなりおすすめです
・牛肉を使っているハンバーグステーキが一番美味しい

原材料に牛肉を使用しているハンバーグステーキが一番好印象でした。また、ソースがない分、オリジナルソースでアレンジできる点も好評です。私はあまり感じませんでしたが、他の2種類は鶏肉を使用しているため、さっぱりしており味気ないと評価しているサイトもかなりありました。

販売単価が安くなる分、原料を安価に仕上げるのは致し方ないです。それでも「ハンバーグステーキ」に牛肉を使用していることは非常に好感を持てます。
3種類とも味とコスパは申し分なかったため、今後もリピートしたいと思います。



相場 一花

千葉県を愛する4歳♂2歳♀の子持ち主婦ライター&ブロガー。本ブログは千葉県中心にお出かけ施設、地域グルメや市販品の食べものを紹介しています。



関連記事一覧