千葉県を中心にお出かけ施設の紹介&食レポ

坂田ヶ池総合公園で遊ぼう!78mの長い滑り台・遊具やキャンプ場もある楽しい総合公園!

千葉県成田市にある「坂田ヶ池総合公園」に3歳と1歳の子供を連れて行ってきました。事前にネットで調べたところ全長78mの長いすべり台があるという事で息子はとても楽しみにしていました。キャンプ場としての口コミ評価をしている個人ブログやサイトが多いのでなんとなくのイメージは付くと思いますが、純粋な公園遊びとしてはどうだったのでしょうか。

【この記事を読んでわかること】
・坂田ヶ池総合公園へ乳幼児連れで遊びに行くけどどうなの?
・遊具やすべり台はどんな感じ?

気になる方は読み進めてみて下さいね。


坂田ヶ池総合公園はキャンプもできる総合公園

千葉県成田市、JR成田線下総松崎駅から北へ1キロほどのところに坂田ヶ池総合公園があります。周りは畑や田んぼが広がってのどか。のんびりとした時間が流れる無料の総合公園です。私達家族が坂田ヶ池総合公園へ訪れた時には、「森の遊び場」の横あたりを農作業の格好をしているおばあさんがずっと草むしりをしていました。

また、格安キャンプ場としても有名なので、GWなどの繁忙期にはたくさんの人が訪れ、混雑する様です。近隣には「千葉県立房総のむら」という体験博物館があります。小学生くらいの子供であれば、房総のむらもついでに行ってみると楽しいかもしれません。

坂田ヶ池総合公園:平日の混雑具合は?駐車場は開いてる?

結論から言うと、全てガラ空きでした。詳しくは下記にて説明します。

駐車場の状況

坂田ヶ池総合公園には、メイン駐車場サブ駐車場があります。いずれも無料なのが嬉しい。サブ駐車場はキャンプ場利用者優先です。公園だけの利用の場合は、メイン駐車場に車を停めましょう。

メイン駐車場(13時頃)。3~4割程度しか埋まっていない。

サブ駐車場(9時頃)。一般の利用者はいないが業者の車多数。7割埋まってた。

平日や通常の休日であれば、「満車」という事はなさそうです。ですが、キャンプシーズン(春~夏?)は大勢のキャンパーがいるので、大混雑は覚悟しておいた方がいいかも。しかし、他の方のブログやサイトでの口コミを読む限り「満車で順番待ちしました」というのを書かれているのはありませんでしたので、よっぽどでない限り満車になる事はなさそう。

その他、公園全体

上でも書いていますが、どこもかしこも空いていました。ジャンボすべり台、遊具、キャンプ場、その他の場所全て人がまばらにいるだけ。順番待ちは一度もありませんでした。平日はおそらく地元や近隣の住人しかいないのかも。無料だからもっといるのかなと思っていましたが、成田という立地条件的に少なかったのかな。



坂田ヶ池総合公園で乳幼児と一緒に遊べる場所

乳幼児でも遊べるポイントをピックアップしてみました。
公園マップを見ると狭い気がしますが、乳幼児としてはこれでも充分かと思います。

黄色の部分と「森の遊び場」が乳幼児と遊べるポイントです!

森の遊び場

メイン駐車場隣にある「森の遊び場」複合遊具2つターザンロープがあります。我が家の3歳と1歳は喜んで遊んでくれました。

複合遊具1。すべり台が思ったよりもスピード出た

奥の方にあった複合遊具2。1歳には難しいが3歳であれば問題なくできる

おなじみのターザンロープもあります

遊具の難易度はそこまで高くないと思います。3歳の息子は問題なく出来ていたので、一般的な3歳児だったら大丈夫かな。ですが、随所に落ちそうなところもあったので、ちゃんと見てないとダメでした。

2人共楽しそうでした

ジャンボスライダー(全長78m)

坂田ヶ池総合公園のメインとも言えるジャンボすべり台。ガラ空きだったので、順番待ちなしで何度も滑りました。お尻が若干痛くなったので、すべり台用のソリを用意しておいた方がいいかも。

高いところからすべり台を撮ってみたけど、収まり切れない

途中、スピードが緩む所があります

このすべり台をもう一度滑るためには、階段を登っていかないといけません。1段1段の段差はあまりないとはいえ、1歳の娘ですら3回ほど一生懸命自分の足でゆっくりと登っていました。1歳ってこんなに歩いたりなんだり出来るんだと感心してしまいました。大人の私は1回登っただけでも疲れてしまいましたけどね。

芝生広場

超穴場だったのが「芝生広場」。サブ駐車場の方向にあります。何もないだだっ広いだけの芝生広場でしたが、子供たちは持ってきたボールでしばし遊んでいました。大人はちょっと休憩。

誰もいません!

何もなくてもボール遊びで楽しんでくれる子供たち



坂田ヶ池総合公園にはこんなところもあるよ!

今回我が家はほとんどスルーしてしまいましたが、坂田ヶ池総合公園にはその他にも色々ありました。

龍の道(吊り橋)

坂田ヶ池総合公園には、大きな吊り橋(龍も道)があります。吊り橋は、メイン駐車場から入ってすぐのところにある「森の遊び場」と長いローラーすべり台がある場所をつないでいます。すべり台へ行くのであれば、一度は通るはず。

老朽化しているのが気になるところ

橋の上を歩くと少しギシギシと音が鳴りました。橋の横に少し隙間がありますので、幼児を1人で歩かせるのはちょっと危険に感じました。

あまり端に寄り過ぎないように注意した方がいいかも

釣りエリア

公園としては珍しく釣りエリアがあって、バスフィッシングできる様です。また、この辺には野良猫もいるみたいなので、猫好きな子供と一緒に行ってもいいかもしれません。

野良猫にはむやみやたらに触らない・エサはあげないようにしましょう。

水遊びもできる

ジャンボすべり台下にある「傾斜広場」の端には、泉が流れています。そこでじゃぶじゃぶと水遊びができますので、ちょっと暑い日には水遊びをするのも良いでしょう。

キャンプ場も!

坂田ヶ池総合公園はどちらかと言えば、格安キャンプ場として有名です。

成田市民一般・学生:200円
小中学生:100円
乳幼児:無料
成田市民以外一般・学生:300円
小中学生:150円
乳幼児:無料

時間帯は「午前9時から午後4時まで」「午後4時から翌日の午前9時」と分かれています。成田市民(大人1人)が1泊する場合、2回分の予約することになるので、400円になります。市外の大人だとしても600円なのですごく安いですね。

坂田ヶ池総合公園:その他情報

その他事前に知っておくと良さそうな情報を。

トイレ

園内にトイレはメイン駐車場とキャンプ場にあります。公園のトイレの割にはキレイでした。おむつ替え台があったので、乳児連れであっても安心です。

売店

園内には売店がありません。飲み物やアイスの自動販売機はありました。コンビニも…うーん…徒歩圏内には見当たりません。周辺には食べ物を売っている様なお店もありません。なので、お弁当を持参するようにしましょう。

テントはどこに立てる?

出典:成田市「坂田ヶ池総合公園」HP

ガラガラの時は、おそらくどこにテントを立てても問題なさそうです。私達は「森の遊び場」の脇の方にテントを食べてお弁当を食べていましたが、特に何も言われませんでした。混雑時は、すべり台の下にある「傾斜広場」にレジャーシートやテントを立てている家族がたくさんいますので、その辺にテントを立てると良いでしょう。

坂田ヶ池総合公園のアクセスと基本情報

名称坂田ヶ池総合公園
住所成田市大竹1450番地
電話番号0476-29-1161
営業時間終日
定休日年末年始
施設内容面積:17.2ヘクタール
主な施設:キャンプ場・湿生植物園・龍の道・龍の泉・遊具(森の遊び場等)
主な樹木:ソメイヨシノ・ヤマザクラ・ハナミズキ・サルスベリ・アジサイ
トイレ施設:有(多目的有)
駐車場普通車148台・大型車2台(多目的有)
【駐車場利用時間】
3月~10月:午前9時~午後7時
11月~2月:午前9時~午後5時


関連記事一覧