千葉県を中心にお出かけ施設の紹介&食レポ

松戸運動公園の駐車場情報。児童公園の遊具を紹介。体育館や野球場、プール等の予約方法は?

千葉県松戸市にある松戸運動公園へ行ってきました。松戸運動公園は、松戸市内の公園としてはわりと広い方です。1歳の娘とは散歩を目的として行ってみましたが、運動公園内には遊具のあるエリアもありましたよ。

松戸運動公園の駐車場情報や遊具、スポーツ施設の予約方法について紹介します。


松戸運動公園ってどんなところ?

松戸運動公園内には、武道館・体育館・陸上競技場・野球場・屋外市民プールがあり松戸市民に愛される運動公園です。一時期は松戸市民病院移転の候補地にも挙げられており、存亡の危機に立たされていました。また、園内には「像山公園」と呼ばれる遊具がある児童公園があります。この公園目当てで来ている人は少ないので、像山公園自体は比較的混雑していません。

松戸運動公園の駐車場情報

松戸運動公園には駐車場が2箇所187台分の車をとめることができます。ただし、平日であってもスポーツ施設利用者で常に満車に近い状態になっています。

上記写真は、平日10時すぎに撮影しました。9割がた埋まっていて危うくとめられないところでした。スポーツ施設の開始時間は9時から(野球場は7時)なので、確実に車をとめたいという方は9時前には現地に着いている位の勢いでないと厳しいですね。



松戸運動公園内の児童公園「像山公園」の遊具を紹介

子連れで松戸運動公園へ行くという方は「像山公園」がメインになると思います。像山公園は野球場近くの目立たない場所にありました。

像山公園の名にふさわしく、ぞうさんのすべり台があります。よちよち歩きの子供が登るにはちょっと難しいみたいで、1歳9か月の娘は登れませんでした。娘はぞうさんのお腹部分のスペースに入って遊ぶ程度でしたが楽しそうでしたよ。ぞうさんの鼻の先には砂場も。

1歳9か月の娘でも遊べるすべり台も設置されていました。小さくてかわいらしいすべり台なので怖がりの娘でも大丈夫です。

公園ではおなじみの遊具である鉄棒とブランコもありました。小さな公園でしたが、松戸運動公園内を散歩したりするとかなり時間を潰せますよ。実際、像山公園で20分程遊んだ後、園内をプラプラしていたらいつの間にか1時間経過していました。よちよち歩きの1~2歳程度の子供にはちょうどいい感じ。

松戸運動公園内には健康器具も!

像山公園エリアを抜けて野球場周辺をうろうろしていると健康器具がありました。もちろん娘は正しい使い方で遊ぶ事はできませんが、棒に触れたりくぐったりして遊んでましたよ。私が健康器具に乗ったりぶら下がっているのを見てケラケラと笑ってました。

娘は、背骨を伸ばす健康器具がお気に入り。ちょこんと座って足をバタバタさせて喜んでました。なぜ嬉しかったのかわかりません。幼児の感性は謎です。

松戸運動公園内施設の予約方法

像山公園ではなくスポーツ施設を利用する目的でこの記事にたどり着いた人のために、松戸運動公園内にある各スポーツ施設の予約方法をまとめました。

スポーツ施設を利用するまでの流れ

スポーツ施設の予約はインターネットを介して行います。屋外プールについては開放日(7月1日~8月31日)に行けばOKですが、それ以外のスポーツ施設の事前予約から利用に至るまではちょっと煩雑です。
まずは、松戸市公共施設インターネット予約に仮登録をしましょう。以降の手続きは以下の通り。

・利用する施設窓口まで行って身分証明書を提示して、本登録が完了

・毎月1~7日 翌々月分の抽選(施設予約)申し込み

・毎月8日 機械による抽選

・毎月9日から14日 抽選結果の確認

・毎月15日から 随時予約

・施設利用&支払い

気軽に予約できるわけではありませんので、かなりハードルが高いですね…。ま、本格的なスポーツ施設を使うためにはしかたがないでしょう。

松戸運動公園は施設利用者で駐車場は大混雑。ただし児童公園は空いてて穴場

冒頭でもお伝えしていますが、松戸運動公園はスポーツ施設の利用者がたくさん訪れていることもあり駐車場は常に満車に近い位にうまっています。土日祝日であれば車が止められない確率大。交通機関の利用ができる人は、新京成線松戸新田駅から12分程歩いていくのがベストかなと思います。

小さな子供と遊ぶ公園としては、わざわざ遠くから行くほどのものでもないかなというのが正直な感想です。立地条件がよくないためなのか、子供がほとんどいなくて快適でしたけどね。

松戸運動公園の基本情報

住所千葉県松戸市上本郷4434
休園日年末年始
アクセスバス:JR北松戸駅東口から「県立松戸高校行きバス」を利用「松戸運動公園前」下車
電車:新京成線松戸新田駅より徒歩約12分


みっち

千葉県を愛する4歳♂1歳♀の子持ち主婦ライター&ブロガー。本ブログは千葉県中心にお出かけ施設、地域グルメや市販品の食べものを紹介しています。

関連記事一覧