千葉県を中心にお出かけ施設の紹介&食レポ

戸定が丘(とじょうがおか)歴史公園の駐車場&平日の混雑状況。日本の歴史公園100選の公園

千葉県松戸市には、いくつかの歴史公園があります。そのうちの1つが「戸定が丘(とじょうがおか)歴史公園」です。戸定が丘歴史公園は、水戸藩藩主の徳川昭武の別邸があり、松戸徳川家の住まいとなりました。

平成17年「関東の富士見百景」、平成19年「日本の歴史公園100選」に選ばれた由緒正しき公園です。本記事では、戸定が丘歴史公園の平日混雑状況を中心行ってきた感想をまとめました。


戸定が丘歴史公園の駐車場情報

戸定が丘歴史公園には、無料駐車場が3か所あります。第1駐車場は12台、第2駐車場は29台、第3駐車場は4台停めることが可能です。第1と第3駐車場は公園から比較的近いですが、第2駐車場は多少離れていますが、収容台数が最も多く、広いので車を停めやすいです。ただし、第2駐車場は坂の中腹部に位置しています。そのため、足腰に不安がある人は第1および第3駐車場に停めるのがおすすめです。

私は平日10時前に行きましたがどこの駐車場も空きがあり、余裕で止めることができました。ただし、あきらかに公園目的ではない車も多数止まっていたため、無関係者が占拠する前に停めておきたいです。駐車場の入退場時間は9時~17時となっており、月曜日はお休みです。

駐車場から公園まで坂が多いので注意

公園が高台に位置している関係上、坂が多くなることが難点です。先に述べましたが、第2駐車場はかなり傾斜のきつい坂を上らなくてはならず、幼い子供と訪れた私はベビーカーを押して移動するのは骨が折れました。

さらに入り口の門にたどり着くまでには長い階段があります。ベビーカーを持ち上げる必要があるかと思いましたが、横にスロープがあるので足が悪かったり、ベビーカーなど負担になるものを押している場合はスロープを使用しましょう。どうしても入り口の茅葺門をくぐりたいという人は、ベビーカーや重量物を置いて行った方がいいです。階段は急で一段一段が非常に高いため、足がもつれると転倒してしまう恐れがあります。



戸定歴史館は入場料金が必要

戸定歴史公園には「戸定歴史館」「戸定邸」「松雲亭」と3施設建造されています。戸定歴史館は徳川昭武の遺品を中心とした資料館、戸定邸は明治時代の徳川家が居住した建物、松雲亭は昭和53年に市民の憩いの場として建設されました。

これらの3施設は公園と異なり、有料になります。戸定歴史館と戸定邸は入場料250円、両館共通チケットが320円です。松雲亭は市民の場合540円、市外は1,080円になっています。実際に規模をみましたが、あまり広くなくこじんまりとしています。規模を考慮すると少々高い気がしますが、歴史ある建物でもあるので歴史マニアには問題ないかもしれません。

戸定歴史館は見晴らしのいい公園

戸定歴史館は高台に位置しているため、庭からみる外の景色は絶景です。特に東屋庭園に設置してある、茅葺屋根のベンチから眺める景色はすばらしいですね。松戸市内を一望できますよ。ここでお弁当やサンドイッチを食べてもよさそう。

また、公園は市が管理していることもあって草木がしっかり整備されており、枯れ木やゴミが落ちていることはありません。立派な紅葉が何か所か植えてあるので、紅葉の季節に公園散歩は風情があって楽しめると思われます。

平日はガラガラで空いている

平日10時~11時頃まで公園で散歩しましたが、すれ違う人はまばら。歴史館の受付や掃除の方などの人しかいないんじゃないかな。歴史館と戸定邸も外から見る限り、誰も入っていませんガラガラなのに運営が成り立つのは、市が運営しているからだと思われます。ちなみに、公園の奥は立ち入り禁止となっており、入ることができませんでした。

公園内には整備されたトイレが1ヶ所。また、歴史館内にもあるので、トイレ探しに苦労することはなさそうです。

戸定歴史公園は空いている穴場スポット

戸定が丘歴史公園は遊具やイベントなどないため、子供には向いていない公園です。どちらかというと整備された樹木と景色を楽しんでゆったり過ごしたい方に向いています。公園はそれなりに広いので散歩しながら、新鮮な空気を吸うのも悪くないですね。

駐車場の収容台数も多く、恐らく休日も余裕をもって停められると思います。整備された大人向けの公園で人も少ないため、穴場スポットとしておすすめです。紅葉の季節には美しい光景が広がっていると思います。美しい紅葉をゆっくりとみたいという人にはぴったりですよ。



戸定歴史公園の基本情報

住所〒271-0092 千葉県松戸市松戸714-1
駐車場第1駐車場12台、第2駐車場29台、第3駐車場4台
アクセスJR、新京成線「松戸駅」東口下車徒歩約10分
営業時間9時~17時 月曜日休場


相場 一花

千葉県を愛する4歳♂2歳♀の子持ち主婦ライター&ブロガー。本ブログは千葉県中心にお出かけ施設、地域グルメや市販品の食べものを紹介しています。



関連記事一覧