千葉県を中心にお出かけ施設の紹介&食レポ

ユーカリ交通公園の駐車場事情。コースに自転車の持ち込みはできないので注意。

3歳の息子が「自転車に乗ってみたい」と言ってきたので、千葉県松戸市にある「ユーカリ交通公園」へ何度か足を運んできました。思いの外、息子は満足してくれました。

【この記事を読んでわかること】
・ユーカリ交通公園の様子
・持ち込みはOKなのか
・混雑状況や駐車場はどんな感じか

これらを知りたい方は、是非読み進めてみて下さい。


ユーカリ交通公園はどこにあるの?

ユーカリ交通公園は、千葉県松戸市小金原という交通の便が悪い場所にあります。駅からはかなり遠いので、もし交通機関を使っていく場合は、「北小金駅」「馬橋駅」「常盤平駅」「八柱駅」からバス移動するしかありません。

ユーカリ交通公園は住宅街にあり、近隣にめぼしいお店もありませんので、必要であればお弁当は持参していきましょう。※園内に自動販売機はありますので、万が一飲み物を忘れてもどうにかなります

ユーカリ交通公園の駐車場混雑状況

ユーカリ交通公園の裏側に駐車場があります。何台止められるのか不明ですが、私が目視で確認した限り20台分はありました。

上の写真は、午前10時頃に撮りました。すでに、満車。休日は、ユーカリ交通公園が開園する9時ジャストにつく位の勢いで行かないと、駐車できないかもしれません。近隣にもめぼしい駐車場や駐車スペースはありませんので、車で行く方は早めの行動をしましょう。

ユーカリ交通公園内の混雑具合

ユーカリ交通公園は立地条件の悪いところにはありますが、それなりに人気な様です。休日午後に行くと、幼児用の自転車を借りるために15分ほど並びました。しかし、休日の午前中に行ったときにはわりとすぐに借りる事が出来たので、休日に行くのであれば午前中をねらっていきましょう。

また、平日はガラ空きなので、自転車やバッテリーカーは乗り放題。ただし、時々保育園・幼稚園や小学校などの課外授業と重なってしまうと、自転車は確保しにくい状態にはなります。

自分で自転車を持ち込むのはあり?

自転車の練習に最適な交通公園ですが、残念ながら自分で持ち込んだ自転車や三輪車、その他乗り物の持ち込みは禁止されています。ベビーカーもNGかもしれません。断言しないのは、下の子をベビーカーで道路コース(自転車の練習をさせるエリア)に連れて行った際に注意されなかったからです。

恐らく、邪魔にならないように歩道になっている箇所でベビーカーに乗らせる分にはアリなのかもしれません。



ユーカリ交通公園の楽しみ方

「ユーカリ交通公園って何が楽しいの?」と疑問になっている人の為に、ユーカリ交通公園の楽しみ方を紹介します。
大人としては正直微妙ですが、子供にとってはいずれにしても楽しいみたいなのは確かです。

自転車の練習に

ユーカリ交通公園のメインは、なんといっても「自転車の練習」です。小学校低学年の子は、普通の自転車を借りて「フラフラ」と練習しており、小学生以下の子供たちは、補助輪付き自転車を借りて一生懸命「自転車をこぐ」という練習をしています。

3歳の息子も含め、他の子供たちも苦戦しており、中々前に進むことが出来ずにいました。足を前へ前へと回す感覚がわからない様です。息子は3輪車に乗っていますが、それでも自転車の感覚は難しい様で、足が逆回転ばかりしていました。※逆回転の方が、簡単に足を回す事が出来るため

幼児用のコースは狭いので、4組位いたら人口密度がやばい事になります。開園ちょうどあたりにいったら、幼児は誰もいませんでした。通常のコースは、一般の道を走っているような感覚です。信号もありますし、トンネルもあるので楽しいですよ。ここで、信号の見方を子供に教えてもいいですね。

バッテリーカーに乗ってみる

ユーカリ交通公園は、バッテリーカーも乗る事が出来ます。しかも無料。受付の人に、ゴーカートを動かすコインをもらってきてから乗るという決まりになっています。往復30m位。

バッテリーカーに乗ってご満悦の娘。1歳の娘にはこれだけで充分な様です。※上着は兄からのおさがり

展示されている消防車やSLを見る

ユーカリ交通公園には、消防車やパトカー、SL(D51)などが展示されています。中には入れませんが、乗り物好きな男の子や、まだまだ何でも新鮮に映る1~2歳の子にウケがいいかと思います。

大人にとっては「ただの廃車が置いてあるだけ」という印象ですが、小さな子供にとっては「本物が間近で見える!」と、大喜びするはず。我が家の子供たちをはじめ、周りの男の子や小さな子が興奮して触ったりしていました。

男の子に大人気のD51(デゴイチ)も展示されています。D51の中に入る事は出来ませんが、駅のプラットフォームからD51の中を覗いてみると、運転席が見えます。トーマスが好きな子供にはツボにはまるんじゃないかな。

息子はトーマス卒業してしまったので、「すごいねー」位で終わってしまいました。1歳の娘は「ほがほがほが!」ととりあえず楽しそうにはしていました。

園内売店なし(自販機あり)なので注意

幼児であれば、2~3時間は時間が潰せそうなユーカリ交通公園。ここでお昼を食べようと考えている人もいるかもしれません。
しかし、園内には売店はありませんし、近隣にもコンビニ一つ見当たりません(正確にはあるかもしれませんが、遠いですね)
ユーカリ交通公園にベンチはありますが、ランチするようなスペースはないので、午前中の数時間だけ遊んで帰るorお昼食べてから行くスケジュールにした方が良いです。

ただし、休日午後は本当に激込みなので、おすすめはできません。

自転車練習やバッテリーカー乗りに、ユーカリ交通公園へ行ってみよう

「交通公園なんて子供が楽しめるのかな」と、迷っているパパママもいらっしゃると思います。
しかし、子供はどんなところでも、私達の想像以上に楽しんでいってくれます。とはいえ、ユーカリ交通公園はあくまでも自転車の練習がメインです。信号の見方や交通ルールを教えながら、自転車の練習をするにはぴったり。

一緒についてきた小さな子がいれば、バッテリーカーに乗らせてあげてもいいですね。なにしろ入園料が無料なので、おサイフが痛くないのが親としては嬉しい交通公園でした。

住所松戸市小金原1丁目25番地
電話047-341-2707
開園時間午前9時から午後5時まで
休園日年末年始(12月29日から1月3日まで)
入園料無料
乗り物の貸出時間
  • 午前9時から正午まで
  • 午後1時から午後4時まで


関連記事一覧