千葉県を中心にお出かけ施設の紹介&食レポ

松戸|ツオップの待ち時間や行列は?駐車場はある?超人気パン屋の現地レポ&食レポ

千葉県松戸市にある行列ができる大人気パン屋さん「Zopf(ツオップ)」。たびたびテレビや雑誌にも取り上げられていますので、パンが好きであれば知っている人も多いのではないでしょうか。

ツオップはJR常磐線北小金駅から徒歩30分程度と不便な場所にあるにもかかわらず、土日には大行列ができる超有名店です。毎日約300種類のパンが並び、パンの売上はなんと1日100万円にものぼります。

【この記事を読んでわかること】
・ツオップの待ち時間や空いている時間
・ツオップの駐車場について
・ツオップのパンはどんな味がするのか

念願のツオップに行ってきましたので紹介します。ホント凄かった~。


ツオップの待ち時間や行列は?いつ空いてる?

ツオップは店内がとても狭いため、「店内は8人のみしか入れない」というルールがあります。悪条件が重なって大行列になってしまいますので、ツオップへ行く際には覚悟が必要です。とは言え、なるべく空いている時間帯に行きたいですよね。そこでツオップの行列状況や待ち時間を調べてみました。

平日大概は空いている(待ち時間ほぼなし)
土日祝開店直後~昼過ぎ:1~2時間待ちになる事も 夕方以降:比較的空いている
テレビ放映直後2時間以上

私は平日の昼前にツオップへ行きましたが行列はできておらず、そのまま店内へ入れました。平日もそれなりに混雑すると踏んでいましたので、拍子抜けです。その後、土日にツオップを何度か覗いてみましたが、大行列!とても並ぶ気にはなれませんでしたね。

土日祝しか行けないという人は、複数人で行って交代で並んだ方が良いかなと思われます。といっても近隣に暇つぶしスポットがないので困りものですが、ユーカリ交通公園(こちらも土日祝は混雑しています!)あたりをうろついてもいいかもしれません。

ツオップには駐車場はあるの?

ツオップから角を曲がって20m先あたりにツオップ専用の駐車場(20台程度収容可)があります。専用駐車場の手前にも駐車場がありますが、これはツオップの駐車場ではありませんので利用しないでください。また、近隣にあるファミリーマートに駐車するのも迷惑となりますので絶対にやめましょう。

交通機関での移動が問題ない方は、電車で北小金下車→松戸新京成バス「小金原団地循環・バス案内所行」に乗車し「表門(おもてもん)」で下車するとツオップ近くまで行けますよ。

ツオップ店内の様子

大人気パン屋「ツオップ」の店内に潜入してきました♪

ドアの横には日よけ・雨が降ってきたときのためにツオップの傘がありました。

売り場面積たったの8坪。所狭しとたくさんのパンが並んでいました。全体的に小振りですが、どれもおいしそうです。ハード系のパンが多い気がします。

クッキーやブラウニーもありました。

ジャムペーストも種類が豊富です。

食パン焼き上がり時間の案内がありましたが、店内で待ってるわけにもいかないなあと感じました。

店内は本当に狭くて本当に8人が限界な気がします。入店人数に制限がある理由がわかった気がしました。パンの値段は全体的に少し高め。決してコスパがいいわけではありません。といいつつも、私の前にいた人は7,000円分のパンを購入していましたよ。

ツオップの大ファンであれば、それくらいは勢いで買ってしまう位の魅力があるのかもしれません。私はツオップの人気パンである「カレーパン」「あんぱん(がなかったので、黒ゴマあんぱん)」を抑えつつ、気になるパンを買いました。



ツオップのパンを食べた感想

ツオップのパンを大切に持ち帰って食べてみました。

カレーパン(240円)

多い時では1日700個売れると噂のカレーパン(240円)から食べていきます。衣のサクサク感がたまりません。

カレーにはにんじん、あずき、玉ねぎが入っていました。やや甘めのカレーですが、後から少しだけピリッとした辛さが残りました。少し食べてから3歳の子供に取られてしまい全部食べられてしまいましたので、どうやら子供でも食べられる程度の辛さみたい。個人的にはカレーよりも周りのパン生地のカリカリ感でありつつもカレーパン特有の脂っこさもなくてとてもおいしく感じました

黒ゴマあんぱん(75円)

お目当てのあんぱんが売り切れていましたので、黒ゴマあんぱんを購入しました。あんぱん類はすべて75円でした。75円って安いよねと感じた人もいらっしゃると思いますが、ツオップのあんぱんは通常私達が想像しているアンパンの約3分の1ほどの大きさしかありません。「これで75円もするの?」というのが正直な感想。

中身はこんなにもどどーんと詰まっています。スカスカあんぱんのあんこよりは多いですね。黒ゴマあんは、甘ったるくはなく、上品な甘さでした。口あたりが非常によくてへんなクセはありません。ツオップではあんぱんもトップを争う程の人気パンだそうですが、食べてみると納得してしまいました。これはもう一度食べたい!

Zパン(280円)

Zパンという長ーいパンを買ってみました。お皿からぴょーんと飛び出しています。長い!

「はいはい、フランスパンね~」位の固さを想像していましたが、手でちぎる事が全然出来ない位の固さです。夫が無理やりちぎってみた際に「バリバリバリ!」とかなり大きな音が響き渡りました。味としては、普通のハード系のパンで可もなく不可もなし。特別においしいというわけではありませんでした。でも、このZパンは

クロワッサン(220円)

最後はクロワッサン(220円)。普通サイズなので、値段設定はちょっと高めかなと感じました。ツオップはパリパリ感の強いパンにこだわっているのか、こちらのクロワッサンもパリッパリ。バターの香りが口いっぱいに広がっていきます。

個人的には今回買ったパンの中では一番気に入っています。これはおいしい。並んでも食べる価値はあります。

ツオップのパンは食感が最高

ツオップのパンは「パリパリ」「カリカリ」の食感が際立っていると感じました。事前に調べた情報でも「ツオップはハード系のパンが好きであればおすすめ」といった主旨の意見が見受けられ、まさにその通りであると納得。パンの耳の焦げ目とかごはんのおこげが好きという人は、ツオップのパンもかなり気に入るのではないでしょうか。値段と行列がネックですけども。

我孫子の方まで足を運べるという人は、ツオップで修業した店主のパン屋「コッコパン」もおすすめ。ツオップと同様にハード系のパンがとてもおいしいです。パンの味もツオップに似ています。そして、なんと待ち時間ゼロ!

ツオップのパンは通販でも購入できるよ

「ツオップのパンを食べたいけど現地には行けない」という人は、ツオップの通販「Mottainai Zopf(もったいないツォップ)」でパンを購入する事ができます。ただし、いつでも購入できるという訳ではなく、数量限定&受付時間が決まっていますので注意が必要です。

受付時間は、ツオップ公式通販サイトで確認しましょう。受付時間にアクセスするとパンが購入できる状態になりますので、是非狙ってみて下さい。

なお、「Mottainai Zopf(もったいないツォップ)」は閉店後売れ残ってしまったパンを格安で販売するといったコンセプトとなっていますので、好きなパンを選ぶことはできません。ダンボール1箱分どさっとセット購入する形になります。

ツオップの基本情報

住所松戸市小金原2-14-3
電話番号047-343-3003
営業時間6:30~18:00
定休日無休


みっち

千葉県を愛する4歳♂1歳♀の子持ち主婦ライター&ブロガー。本ブログは千葉県中心にお出かけ施設、地域グルメや市販品の食べものを紹介しています。

関連記事一覧