千葉県を中心にお出かけ施設の紹介&食レポ

麺屋宗監修 東京塩ラーメンを食べた感想。鶏ガラ・魚介の出汁がきいておいしかった

塩ラーメンはインスタントやチルドラーメンにとってなかなか難しいジャンルです。というのも出汁の味がしっかり出ていないと、化学調味料の風味が前面に出て、味が一気に落ちてしまうからです。最近、ラーメン名店監修チルドラーメンが増えていますが、塩ラーメンを取り扱っているのは少なめ。

醤油や味噌は再現しやすいのに対して、塩ラーメンは難しいからかもしれません。もしかしたら、ラーメン名店で塩ラーメンを売りにしているお店が少ない可能性もありますが。

本記事では、麺屋宗監修 塩ラーメンを食べた感想と原材料などをまとめました。


麺屋 宗ってどんなラーメン?

「麺屋 宗」は、塩ラーメンで数々の賞を受賞した塩ラーメン日本一を謳っているラーメン屋です。ラーメンスープは醤油・塩と選択できますが、一番人気は日本一にも輝いた塩ラーメンです。ヒマラヤのピンクロックソルトと対馬海峡の浜御塩の2種類をブレンドした塩に、濃縮した鶏出汁と魚介出汁を重ねた淡麗系の澄んだスープが特徴。

透き通った黄金スープに柔らかめの細麺を合わせたラーメンは塩を生かしながら、出汁のうまみを生かした塩ラーメンの極致ともいえるでしょう。

麺屋宗監修 東京塩ラーメンの原材料について

小麦粉、小麦たんぱく、還元水飴、食塩、酒精、かんすい、加工でん粉
スープ動物油脂、しょうゆ、肉エキス、食塩、魚介エキス、砂糖混合異性化液糖、昆布エキス、鰹節粉末、鯖粉末、調味料、酒精、増粘剤、酸化防止剤

砂糖混合異性化液糖と聞きなれない原材料がスープの中に入っていました。砂糖混合異性化液糖は、異性化によって甘みの強い異性化液糖に10%程度砂糖と混ぜて、さらに甘みを強くした原材料になります。

そのため体内の糖化が進み、糖尿病のリスクが高まるといわれてるらしく取り過ぎには注意ですね。ジュースやスポーツ飲料などにも入っていることもあるようです。

塩ラーメンなのに、なぜ原材料名に「しょうゆ」の方が先に書いてあるのか疑問です。塩ラーメンでもしょうゆを入れたらしょうゆラーメンになる気がしますがどうなのでしょうか。

原材料は、原則として含有量の多いものから記載していくルールがあります。


麺屋宗監修 東京塩ラーメンを調理

1人前「麺1袋、スープ1袋」入っています。今回は2人前食べるので、2袋使用します。

麺はコシがありそうなストレート細麺です。ちなみに今回のラーメン製造元は「久保田麺業」という会社。ラーメンだけでなくうどんやそばも製造しており、麺のスペシャリストともいえる会社です。

作り方をみてみると、麺は強火で30秒と書いてあります。スピード勝負ですね。

スープの色は、淡麗ではなく醤油色です。醤油が色濃く入っていることがわかります。これって塩ラーメンじゃなかったっけ…?

実際に30秒で味見してみましたが、全くゆで上がっていませんでした。ゆで上がるまで味見を繰り返したところ3分程度でちょうど良い硬さに。2人前ゆでたことも影響しているかもしれませんが、パッケージの作り方はいい加減ですね。お湯を入れたスープに麺を入れて、トッピングを載せたら完成です。



麺屋宗監修 東京塩ラーメンを食べた感想

出来上がりはこちら。醤油が入っているはずですが、見た目は塩ラーメンです。

スープは澄んだ淡麗色に。これは塩ラーメンですね。当たり前ですが…醤油ラーメンとはかなりの量の醤油が入っているラーメンのことを言うのかもしれないですね。

麺はコシがあり、プリプリした感触です。澄んだスープと麺が絡み合い、非常にマッチしています。長めにゆでた麺はモチモチしていました。個人的には、もう少しモチモチ具合が欲しいですね。

スープは化学調味料の香りは一切感じられず、鶏と魚介の出汁が強調し、非常においしいですね。あっさりしているスープでありながらコクがあり、箸がどんどん進んでいきます。塩チルドラーメンとして今まで食べた中でトップクラスにうまい!味は文句なしでしょう。

麺屋宗監修 東京塩ラーメンを食べた他の人の感想

・ラーメン好きの夫が、初めてこれは美味しいと言ったので、リピ買いしました。
・好きな塩味で旨味もコシもあり、麺とスープを美味しくたいらげました!ごちそうさまでした。

レビュー自体がほとんどありませんが、おいしいというコメントを少数見つけました。出汁がきいてコクがある塩ラーメンは、誰でも好きになりますよね。

麺屋宗監修 東京塩ラーメンをおいしいと感じる人は?

・コクのある淡麗塩ラーメンが好きな人
・コシがあり、若干プリプリした麺が好きな人
・塩ラーメン好きなら誰でも好きになる味

非常に美味しくてレベルの高いチルドラーメンです。お店で出されても、気が付かずに食べてしまうかもしれません。ここまでおいしいチルドラーメンを製造していただいて感謝です。ただし、コストパフォーマンスがあまりよくないのが難点。2人前550円もします。ラーメン屋で食べるよりは安いですが、チルドラーメンとしてはもうちょっと価格帯の調整をして欲しいと感じました。

商品名:麺屋 宗監修 東京塩ラーメン
メーカー:久保田麺業
参考価格:550円
評価:★★★★☆(値段がネック…)



相場 一花

千葉県を愛する4歳♂2歳♀の子持ち主婦ライター&ブロガー。本ブログは千葉県中心にお出かけ施設、地域グルメや市販品の食べものを紹介しています。



関連記事一覧