千葉県を中心にお出かけ施設の紹介&食レポ

銘店伝説の森田屋総本店を食べた感想。あっさりモチモチ麺がくせになるラーメン

チルドラーメンでモチモチ麺のラーメンはあまり見かけたことありません。保存がきくモチモチ麺を再現することは難しく、ボソボソになりやすいことが起因していると思います。

「森田屋総本店」は手打ちモチモチ麺が売りのラーメン屋です。アイランド食品の銘店伝説は森田屋総本店を再現しています。購入して食べた感想をまとめました。


森田屋総本店ってどんなラーメン?

昭和58年創業の森田屋総本店は手打ち不揃い麺が特徴的なラーメン店です。麺はうどんの平打麺を彷彿させるような麺で、とてもラーメンとは思えない見た目。スープは昔ながらの醤油魚介系あっさりスープで、モチモチ麺の特徴を存分に生かしています。

どちらかというとスープより麺がメインのお店といえるでしょう。

銘店伝説 森田屋総本店の栄養成分と原材料


1人前130g

カロリー450.6kcal
たんぱく質17.8g
脂質11.3g
炭水化物98.0g
食塩6.5g

1人前130gと麺の量がチルドラーメンとしては多めな点は魅力的ですね。炭水化物が98gと非常に多くて糖質が高いのはちょっとマイナスです。

小麦粉、小麦たんぱく、食塩、加工でん粉、酒精、かんすい、乳酸ナトリウム、トレハロース
スープ醤油、ラード、ガラエキス、かつおエキス、チキンエキス、食塩、酵母エキス、香辛料、調味料、酒精、増粘剤、カラメル色素

原材料を見ても特筆すべき点はありません。とりあえず、ガラエキス、かつおエキス、チキンエキスなど動物と魚介のエキスが混ざっているので、出汁の強調は弱いように思えます



銘店伝説の森田屋総本店を調理

1人前「麺1袋、スープ1袋」入っています。

麺は平打麺のうどんみたいな見た目。スープに良く絡みそうです。

麺のゆで時間は5分とかなり長めです。麺が太いので仕方ないですね。モチモチ食感を出したいために少し長めにゆでました。

スープは脂分が少ない醤油色。お湯を300ml入れて、ゆで上がった麺を入れたら完成です。

銘店伝説の森田屋総本店を食べた感想

出来上がりはこちら。麺は平打麺。スープは薄茶色の昔ながらの醤油ラーメンといったところでしょうか。

スープは油がほとんど浮いていない、昔ながらの醤油スープ。あっさりしてそうです。

平打麺は醤油スープに良く絡み、あっさりスープと非常に良くマッチしています。麺はそれなりにモチモチしていてコシもあり、かなりおいしいです。恐らく本店の生麺の方がモチモチ食感が強くおいしいとは思いますが、このレベルの麺でも充分すぎます。

スープは出汁があまり強くなくてあっさり醤油。うどんやそばで食べても悪くないと思えるほど、あっさりしたスープはモチモチ食感の麺にマッチしていると思います。あくまでも麺が主体のラーメンなのでスープは麺を生かす味でよいのかもしれません。

あっさり食べられるモチモチ麺、リピートしたくなるチルドラーメンでした。



銘店伝説の森田屋総本店を食べた他の人の感想

・佐野ラーメンっぽいうまいラーメン。
・スープに絡むモチモチの平打麺。美味い。
・変化球の効いた喜多方ラーメンという感じで悪くない。

佐野ラーメンとして完成度が高く、麺がおいしいと好評のコメントがほとんどでした。

銘店伝説の森田屋総本店をおいしいと感じる人は?

・モチモチ平打麺が好きな人
・あっさり醤油系ラーメンが好きな人
・喜多方ラーメンが好きな人

スープは出汁を強調しておらず、あっさりしていますが麺がすばらしいです。きしめんや平打うどんが好きな人にはたまらないラーメンではないでしょうか。とてもおいしいチルドラーメンでした。



みっち

千葉県を愛する4歳♂1歳♀の子持ち主婦ライター&ブロガー。本ブログは千葉県中心にお出かけ施設、地域グルメや市販品の食べものを紹介しています。

関連記事一覧