千葉県を中心にお出かけ施設の紹介&食レポ

業務スーパー「ベルギー産ココアトリュフ」を食べた感想。濃厚のココアチョコがおいしい

業務スーパーは飲食店を経営している、プロの職人や販売店の人が買い付けに来る特殊スーパーです。業務用食品が多く、一般家庭では目にかかれない商品や量など非常に魅力が多いスーパーといえます。また、業務用かつ量が多かったりするため、非常に安価で購入できるケースもあります。
逆にマイナーメーカーや海外直輸入商品などが多い為、舌に合わない外れ商品をつかんでしまう失敗をしてしまうことも。

今回は、ベルギー直輸入「ココアトリュフ」を食べた感想をまとめました。


ベルギー直輸入チョコは高いの?

偏見にはなりますが、一般ユーザーはヨーロッパ輸入品は高く、アジア圏の輸入品は高いイメージを持っています。特に本場より輸入となると非常に高価な印象です。

今回はベルギー直輸入チョコレートになります。ベルギーといえばワッフルが有名ですが、チョコレートも本場といえます。有名メーカーでは「ヴィタメール」「ゴディバ」「ピエール・マルコリーニ」など高級チョコレートを売りにしているブランドも多いです。

今回購入した業務スーパー「ココアトリュフ」は有名メーカーが製造していわけではありません。そのため1箱200g入りのチョコレートが328円と、庶民でも容易に手が出せる値段になっています。

「ココアトリュフ」を命名されていますが、ココアをまぶしている生チョコレートという認識であっていると思います。コージーコーナーの生チョコレートが20個入り580円。後程詳しく説明しますが、今回のチョコレートは1箱に入っている個数は20個は超えています。そのため、生チョコレートが1箱328円でしたら非常に安いです。ベルギー直輸入ですが、安価であるといえるでしょう。あとの問題は味だけですね。



業務スーパー|ベルギー産 ココアトリュフの栄養成分と原材料

100g

カロリー614kcal
たんぱく質4.2g
脂質47.8 g
炭水化物43.3g
食塩0.3g

チョコレートの割に炭水化物が43.3gは非常に高いです。カロリーも614kcalと高カロリー。ただし、100gとなると半分を食べることになります。半分だとしても1箱20個は超えているので、10個以上のチョコレートを一気に食べることに。1回あたり2-3個のみ食べていたらカロリーや糖質はそこまで気にならないですね。

原材料植物油脂、砂糖、低脂肪ココアパウダー、ホエイパウダー、香料

原材料を見るとチョコレートっぽく見えないですね。植物油脂とココアパウダーでうまく誤魔化している感じでしょうか…



業務スーパー|ベルギー産 ココアトリュフを食べた感想

箱から開封してみました。中身は金色のフィルムでくるんであります。

中を開けてみるとかなりの数が入っていますね。30個以上は入っているとみていいでしょう。そう考えるとコスパが非常にいいですね。味が良ければの話しにはなりますが…

チョコレートを取り出してみました。

見た目がスライムみたいです。外側にまぶしてあるココアパウダーが手や口につくのであっという間に茶色に汚れてしまいます。

一口かじってみました。冷蔵庫に冷やしていたにもかかわらず、中身は柔らかく簡単に噛むことができます。チョコレートは中にもぎっしり詰まっていて、中身に違うものが入っているというトラップはありません。

チョコレートの味がしっかりしており、ビターなココアパウダーと非常にマッチしています。チョコレート自体は甘めですが、ココアパウダーが苦いのでちょうど良いコントラストですね。少し気を抜くとあっという間に溶けてしまうので、なるべく早く食べることがコツです。

おいしさ★★★★☆
満足度★★★★☆
コスパ★★★★★
おすすめ度★★★★★

業務スーパー|ベルギー産 ココアトリュフの口コミ

・ほわっとくちどけが良くココアパウダーの苦みが癖になってしまう。
・トロっと柔らかく、クリーミーなココアパウダーの甘い苦み。
・めちゃくちゃうまくて、すっかり騙されてしまいました。

口コミを調査したところ、概ね好評なのがわかりました。私も同感です。業務スーパー「ココアトリュフ」が勝って正解の商品でした。機会があればリピートしたいですね。



みっち

千葉県を愛する4歳♂2歳♀の子持ち主婦ライター&ブロガー。本ブログは千葉県中心にお出かけ施設、地域グルメや市販品の食べものを紹介しています。



関連記事一覧