千葉県を中心にお出かけ施設の紹介&食レポ

業務スーパー冷凍チキンライス1kgは味が濃くていまいち。カロリーと食べた感想まとめ

業務スーパーには炒飯やドライカレーなど味付け冷凍オリジナルご飯を扱っています。他社製品と異なり1kgと多く、男性でも満足して食べられる量です。今回は業務スーパーで「チキンライス1kg」を購入してみました。

本記事では、業務スーパーのチキンライス1kgを実際に食べた感想やカロリーなどをお伝えします。


業務スーパー|チキンライス1kgのコスパはどう?

私が購入した当時(2019年9月)、業務スーパーのチキンライスは478円(税抜)でした。

1kg478円がコスパとしてどうなのか、他社製品と簡単に比較してみます。まず、楽天で販売している「味の素冷凍チキンライス1kg」は1026円(税抜)「チャーハンごっつーつかえるチキンライス1kg」は646円(税抜)。業務スーパーのチキンライス1kgは他社製品と比較するとかなりコストパフォーマンスに優れていますね。また、スーパーで販売している他社チキンライスよりも200円程度安くて経済的と言えるでしょう。

製造元は天下の「ニチレイフーズ」!国内大手メーカーが製造していて、この値段に仕上げているのでかなりお得感がありますね。

業務スーパー|チキンライス1kgの原材料と栄養成分

チキンライス原材料米、たまねぎ、にんじん、グリーンピース、味付け鶏肉、トマトペースト、トマトケチャップ、糖類、植物油脂、デキストリン、食塩、ショートニング、酢、トマトパウダー、チキンエキス、ミルポラペースト、チキンコンソメパウダー、野菜エキスパウダー、でん粉、香辛料、粉末卵白、調味料、パプリカ色素、香辛料抽出物

値段の安いチキンライスなのに、入っている具材が結構豊富ですね。トマトペースト、トマトケチャップ、トマトパウダートマト関係の調味料がふんだんに使用されているのも特徴的「ミルポラペースト」ってなんだろうと調べてみると、セロリやニンジンなどを混ぜてペーストにした調味料のことだそうです。洋食ではよく使用されているポピュラーな調味料であることは初めて知りました。

100gあたり

カロリー154kcal
たんぱく質3.4g
脂質2.4g
炭水化物29.8g
食塩0.8g

炭水化物29.8gは、お米主体の食品としては低め。カロリーや脂質も高くないのも好印象です。食塩は0.8gとやや低め。塩分が抑えられているのはケチャップなどトマトベースの味に仕上げているからだと思われます。



業務スーパー|チキンライス1kgを調理

調理方法は2種類あります。電子レンジで温めるorフライパンで炒めるのどちらかです。ちなみに、電子レンジでの調理は簡単ですが味が幾分落ちてしまいますので、フライパン調理がおすすめ。私はフライパンでチキンライスを作る事にしました。

3/4程度しか入れてませんが、フライパン一杯になってしまいました。思ったより火の通りが悪く、調理時間は15分程度かかりました。出来上がりが結構水っぽくてべちゃべちゃになってしまったので、火加減は少し強めにした方がいいかも。



業務スーパー|チキンライス1kgを食べた感想

ごくごく普通のチキンライスです。ケチャップの香りが食欲を刺激します。

鶏肉もごろっとしっかり入っています。食べてみると…かなり味が濃く、ケチャップをそのままなめた感覚です。味は悪くないですが、とにかく濃い。そのため炒める時に追加で白米を加えた方が良かったかもしれません。

また、結構油っこいので量はそんなに食べられないですね。もう少しさっぱりしている方が好みです。

鶏肉が少々入っていましたが、グリンピース以外の具材は全く目立ちませんでした。ケチャップご飯に近いかもしれないですね。

おいしさ★★★☆☆
満足度★★★☆☆
コスパ★★★★★
おすすめ度★★★☆☆


業務スーパー|チキンライス1kgを食べた他の人の感想

・元祖チキンライスといった感じの素朴な味
・卵のっけてオムライスにするとかなり美味しい
・玉ねぎの甘みと香辛料がマッチしたチキンライス

結構油っこいので、卵や白米を追加して調整した方がいいかも。おおむね好評の意見でした。

業務スーパー|チキンライス1kgは好きな人は好き

私は微妙でしたが、調理を工夫したりすればおいしく食べられると思います。どちらかというと、素朴な味が好きな子供向けのチキンライスといった感じがします。コスパが良くて、味もそこそこなので購入する価値はあります。「お昼ご飯作るのが面倒だな~」なんて時にあると便利ですね。



みっち

千葉県を愛する4歳♂2歳♀の子持ち主婦ライター&ブロガー。本ブログは千葉県中心にお出かけ施設、地域グルメや市販品の食べものを紹介しています。



関連記事一覧