千葉県を中心にお出かけ施設の紹介&食レポ

印西|大塚前公園に駐車場はある?遊具は何がある?千葉ニュータウン中央駅近くの広い公園現地レポ

東洋経済新報社が行っている「住みよさランキング」で1位にもなった実績のある印西市。私達家族は何度も印西市内の施設やショッピングモール、公園を訪れていますが、印西市に行けば行くほど印西に住みたくなってしまう位、利便性が高い街です。

そんな印西市にある「大塚前公園」へ子供と一緒に行ってきましたので紹介します。


大塚前公園はイオンモール千葉ニュータウン向い側にある立地条件抜群の広い公園

千葉県印西市にある大塚前公園は、千葉ニュータウン中央駅から歩いて5分程の位置にあります。向かいにはイオンモール千葉ニュータウンがありますので、買い物⇔公園と往復しているだけで、長い時間を費やすことができるでしょう。

イオンモール千葉ニュータウンの店外

イオンモール千葉ニュータウン。そこそこ広いので、子供とウィンドウショッピングしているだけでも半日はつぶれます。

大塚前公園には駐車場ってあるの?

結論から申し上げますと、大塚前公園には駐車場はありません。ただし、前述もしていますが、イオンモール千葉ニュータウンに1,000台以上収容可能な大型駐車場がありますので、そちらに止めると良いでしょう。

イオンで1円でもお買い物をすると、3時間無料。イオンモール直営駐車場(大塚前公園向かいにあるイオン内の駐車場)であれば、土日祝と繁忙期は終日無料です。大塚前公園に遊びに行く人は、イオンの駐車場に止めてしまいましょう。

大塚前公園には大きな広場があるよ。イベントやお祭りが開かれている事も

イオン側から大塚前公園へ入ると、大きな広場があります。ここでボール遊びやおにごっこなど思う存分遊べますね。

この大きな広場では、時々イベント事やお祭りが行われている事もあります。


私達家族が別の日に大塚前公園へ行った時には印西市民10万人突破イベントが行われていて、賑わいを見せていました。そんな時は広場で遊べませんが、子供はお祭りがあるとテンション高くなりますので、問題はないでしょう。

奥の方に進んでいくと、遊具があります。

広場の横には遊歩道がありますので、散歩コースとして利用している方もちらほら見かけました。

広場の横には、腹筋運動もできるベンチ(健康器具)が設置されていました。運動不足の夫に腹筋10回やらせときました。もっと運動しなさい。

大塚前公園の遊具を紹介

広場を抜けると、遊具のあるエリアに入ります。まったく期待しておりませんでしたが、そこそこ遊具が揃っています。大塚前公園でピクニックをしていると思われる親子もいましたよ。

まずは、基本の砂場。写真ではわかりにくいかもしれませんが、かなり砂場が大きいです。子供15人位は一気に入れるんじゃないかな。お山がいっぱい作れそうでいいですね♪

公園でよく見かけるシーソーやブランコもあります。シーソーについては4人同時に乗る事が可能ではありますが、シーソーは結構危ないので子供からは目を離さないようにして下さいね。ブランコはごくごく普通ではありますが、座るところがちょっと高めなので、幼児の子は1人で座れないかもしれません。

2人共仲良くブランコに乗ってました。

謎のボルダリングみたいな遊具。形が違いますが、柏ふるさと公園にもこの遊具を見かけたような…。もしかして量産されている遊具なのかな?比較的新しく遊具を設置した公園でよく見かけます。

奥の方には、木製の複合遊具を発見!高さがあまりありませんので簡単にできるかなと思いきや、手すりが少なくて隙間だらけ。小さな子が挑戦するにはちょっと怖すぎます。

この複合遊具には滑り台が付いていますので、3歳の息子には複合遊具の中央の危なっかしい部分を通らせずに端の階段から登って滑り台で滑るだけにさせときました。性格がとても慎重な事もあり、通りたがりませんでしたけども。

複合遊具の近くには、木製の鉄棒もありました。よく見かける鉄棒よりも高さがあります。懸垂競争とかできそうでいいですよね。

イオンと大塚前公園で1日遊ぼう!

バイタリティーのある子供であれば、大塚前公園だけで半日くらいは余裕で遊んでいられると思います。我が家の子供たちは、1時間ほど遊んで帰りましたが、1歳半の娘が「やだ!やだ!」と泣きまくっていたので、遊び足りなかった様子。

向かいにあるイオンでランチをしたり散歩しつつ、1日中まったりするプランを立ててもいいですし、公園で遊んで買い物して帰ろうなんて時にもとっても便利な場所にある公園です。特別に凄いという遊具はありませんが、小さな子供と一緒に遊ぶには充分でしょう。

大塚前公園の基本情報

住所千葉県印西市小倉台1丁目2
開園時間常時
駐車場向かいのイオンモール千葉ニュータウンへ
アクセス北総線千葉ニュータウン中央駅徒歩約5分


相場 一花

千葉県を愛する4歳♂2歳♀の子持ち主婦ライター&ブロガー。本ブログは千葉県中心にお出かけ施設、地域グルメや市販品の食べものを紹介しています。



関連記事一覧