千葉県を中心にお出かけ施設の紹介&食レポ

銘店伝説「熊本ラーメン名店大黒」を食べた感想。にんにくのにおいのきついラーメン

熊本ラーメンといえばこってり豚骨スープと固めの細麺が特徴的なラーメンです。昔、熊本に旅行に行った際、食べた熊本ラーメンは濃厚こってりスープで固めの細麺が非常にマッチしていておいしかった覚えがあります。

ところで熊本ラーメンの名店で「大黒」と呼ばれるお店があります。昔ながらの濃厚豚骨スープにパンチのあるにんにくが特徴的です。今回はアイランド食品の名店監修シリーズ「銘店伝説 大黒」を食べました。本記事では、銘店伝説の大黒を実際に食べた感想を中心にまとめました。


そもそも熊本ラーメン大黒とは

大黒は脱サラした店主がラーメン店で修行をして昭和55年にオープンしたそうです。とんこつスープに焦がしにんにくを入れたパンチのある味が特徴との事。くりーむしゅちゅーの上田さんが大好きなお店でテレビでお店を紹介してから人気が爆発したみたいです。
実際の写真を食べログさんから拝借してみました。
見た目は典型的なこってり博多豚骨ラーメンです。食べログ評価も★3.57と非常に高く、非常においしいようです。



銘店伝説「大黒」の栄養成分

1人前100g

カロリー458kcal
たんぱく質15.8g
脂質12g
炭水化物71.6g
塩分8.1g

塩分が8.1gとチルドラーメンの中でもやや高めです。健康が気になる人は、スープを飲むのは控えた方がよさそう。



銘店伝説「大黒」を調理

1人前「半生麺1袋、スープ1袋」のセットになっています。麺が半生麺の細麺なのでゆで時間は非常に短めです。麺をさわってみたら、柔らかい乾麺みたいでした。とんこつラーメンって乾麺の方がおいしい場合があるので、乾麺と生麺のいいとこ取りといった感じでしょうか。

具材には「わかめ・豚バラ肉・ねぎ」を用意。

スープを器に入れてみました。この時点でにんにくのにおいが充満しています。

次に豚ばら肉を軽く炙っていきます。味付けにスープの素を加えたら結構おいしいですよ。

とんこつラーメンは麺が細いので約2分でほどよいゆで加減になります。スープにお湯を入れて、茹で上がった麺をスープの中に入れたら完成です。

銘店伝説「大黒」を食べた感想

スープは熊本豚骨ラーメンにならいドロドロしています。ドロドロスープの中にゆで上がった半生麺がしっかり絡み合っているのがいいですね。

半生麺がしっかりスープに絡み合っており、コシも抜群でスープと麺が良い感じにマッチしています。

一口食べてみるとにんにくの味がガツンと利いたスープです。見た目と違いあっさり目の豚骨ラーメンのため、女性でも食べられそうです。にんにくの臭いを気にしなければ女性でもあっさり食べられるラーメンになっています。

ただし、豚骨ラーメンとしてはいまいちといった印象。にんにくの匂いでごまかしてはいますが、豚骨独特のコクと油を一切感じられず、豚骨ラーメンを食べている感じではありません。こってりした塩ラーメンといった印象でしょうか。大黒本店はこってり熊本豚骨ラーメンをうたっているため、店の味とはかなり違うと思われます。

銘店伝説「大黒」を食べた他の人の感想

・にんにくの香りがガツンと効いて非常に美味しい。
・プーンと香るにんにくが非常にすき。
・にんにくに酔いしれるラーメン。

にんにくに始まり、にんにくに終わると言えるほどにんにくについての意見がほとんど。安売りチルドラーメンに大量のにんにくを入れても同じような気がするんですが…



銘店伝説「大黒」をおいしいと感じる人は?

・にんにくの香りが大好きな人
・にんにくラーメンを美味しいと感じる人
・あっさり系豚骨ラーメンが好きな人

豚骨ラーメンとしては微妙ですが、にんにくラーメンとしてはおいしいのかもしれません。個人的にはにんにくしか感じられないラーメンはあまり好きではないので、口にはあいませんでした。豚骨のコクを生かしている豚骨チルドラーメンを食べてみたいものです。

商品名:銘店伝説 熊本ラーメン名店大黒
メーカー:アイランド食品
参考価格:298円
管理人おすすめ度:★★☆☆☆



みっち

千葉県を愛する4歳♂1歳♀の子持ち主婦ライター&ブロガー。本ブログは千葉県中心にお出かけ施設、地域グルメや市販品の食べものを紹介しています。

関連記事一覧