千葉県を中心にお出かけ施設の紹介&食レポ

宮本産業のもっこす亭の食レポ。スープが臭いラーメン

黒マー油でお馴染みの熊本ラーメンですが、一部では博多ラーメンよりおいしいと言われています。基本的には豚頭や豚骨を出汁にした豚骨ラーメンですが、他のご当地ラーメンと異なり継ぎ足しをせず、マー油やガーリックチップなどをいれ豚骨臭を抑えています。

今回は熊本ラーメンで有名の「もっこす亭」チルドタイプのレビューをしています。


ラーメン「もっこす亭」とはどんなラーメン?

もっこす亭は熊本県芦北町に昭和22年創業したラーメン屋さんです。運営会社は宮本産業なので、今回私が食べたチルドラーメンは本店直販となります。味の特徴ですが、ギトギトに濃い豚骨ラーメンでなく、わりとあっさり目の豚骨スープに半乾燥麺を絡めたラーメンです。

本店で販売している「熊本ラーメン」1杯500円と非常にリーズナブルで東京の2/3の価格で食べられます。黒マー油が入ったラーメンはにんにくが効いており、さっぱり目の豚骨ラーメンに良いアクセントとなっているとのことです。

宮本産業 もっこす亭の栄養成分と原材料を調査

1人前142g麺・スープ含む

カロリー399kcal
たんぱく質13g
脂質9.21g
炭水化物62.56g
食塩7.2g

脂質が9.2gと豚骨ラーメンとしては非常に低いです。どちらかというと魚介系あっさりラーメンに近い数値ですね。塩分は7.2gとこちらは一般的なチルドラーメンといったところです。

原材料

小麦粉、食塩、卵白、酒精、かんすい、トレハロース、卵殻焼成カルシウム、着色料
スープポークエキス、食塩、砂糖、香辛料、調味料、酒精

マー油/ごま油、香辛料、ラード、サラダ油、醤油

スープの原材料が一般的なチルドラーメンと比較して非常に少ないです。ポークエキスは安価なインスタントラーメンに多く使われているため、味に心配な点があります。麺は小麦たんぱくではなく小麦粉を使用しているところに交換を抱きました。麺に力を入れていることがわかります。



宮本産業 もっこす亭を調理

「麺、スープ、黒マー油、にんにくちっぷ」が入っています。マー油が別なのは珍しいですね。

麺は半生麺です。本店でも半生麺なので麺はほとんど同じかもしれません。

半生麺のため沸騰したお湯に4~5分ゆでたらよい感じになりました。

スープを器に入れてみると、インスタント独特の化学調味料の香りがするのが気になりました。

スープに250mlお湯を入れてゆで上がった麺を入れたら完成です。

宮本産業 もっこす亭を食べた感想

完成はこちら。黒マー油に含まれたにんにくの香りが鼻を刺激します。にんにくチップも良いアクセントをかもしだしています。

麺は半生麺のためコシがあって持ち上げても千切れることはありません。黒マー油を良く絡んでいます。

スープは豚骨ラーメン独特の白濁スープ。黒マー油が色合いにアクセントを利かせています。黒マー油とにんにくチップが鼻を刺激し、食欲を促進させます。麺もコシがあるツルツル細麺でスープとの絡みもよく非常においしいです。

ただ、肝心のスープは豚骨ラーメンというより、豚骨ラーメン風のインスタントスープという印象です。昔食べたチャルメラの豚骨ラーメンスープに近いですね。ポークエキスが強調しすぎてインスタンっぽくなってしまったと思われます。

黒マー油や半生麺が良い感じなのにスープが台無しにしている残念なラーメンでした。

宮本産業 もっこす亭を食べた他の人の感想

・スープはクリーミーで麺はプリッとしていて非常においしかった
・サッポロ一番塩ラーメンの超上質版といった印象
・まろやかな甘い感じでマー油がガツンとくる


クリーミーでそこそこおいしいスープといった感じみたいです。食レポをやっているブログは食べた商品に甘い印象があります。

宮本産業 もっこす亭をおいしいと感じる人は?

・にんにくの味が効いているスープが好きな人
・あっさりした豚骨味が好きな人
・サッポロ一番の味が好きな人

評判は悪くないですが、どうしてもサッポロ一番の味がします。インスタントの味が気にならない人は良いラーメンかもしれません。時折ジャンキーなラーメンを食べたくなる時に手を伸ばすと良さそうな感じでした。

商品名:もっこす亭
メーカー:宮崎産業
参考価格:360円
管理人おすすめ度:★★☆☆☆



みっち

千葉県を愛する4歳♂1歳♀の子持ち主婦ライター&ブロガー。本ブログは千葉県中心にお出かけ施設、地域グルメや市販品の食べものを紹介しています。

関連記事一覧