千葉県を中心にお出かけ施設の紹介&食レポ

水元中央公園のアクセス&駐車場情報。遊具は何がある?2歳の娘と現地レポ

東京都葛飾区にある「水元中央公園(別名:水元スポーツセンター公園)」は、葛飾清掃工場を囲うように作られている公園です。ぐるっと囲っているため、東側、西側、南側、北側にそれぞれ遊具や遊び場を設けています。さらに東側にはスポーツを楽しめる「水元総合スポーツセンター体育館」を設け、北側にもポニースクールかつしかというポニーの世話や乗馬が楽しめる施設があります。

そのため公園は5.6ヘクタールと東京ドームより広い敷地を持っています。私は2歳の娘と公園に行きましたが、広すぎて回り切れませんでした。本記事では、水元中央公園のアクセス方法や駐車場情報、遊具について紹介します。


水元中央公園のアクセスと駐車場情報

水元中央公園は、金町駅北口より発車しているバスで「中央公園」ならびに亀有駅より発車している「水元総合スポーツセンター」より下車して、すぐのところに公園があります。駅から公園まではバスで行けばそこまで時間はかかりません。ただし、亀有付近の318号や公園近くの307号沿いの道路は時間帯によっては渋滞が発生するので、到着時間が遅れる恐れがあります。

なお、水元中央公園には駐車場も完備しています。普通車は106台停車できるほど広大なスペースです。平日の午前中に訪れましたが、駐車場台数はまばらで駐車台数に余裕はありました。駐車場料金ですが、30分は無料で以降30分ごとに100円追加。後程紹介しますが、水元中央公園は非常に広大なため、少し回るだけでもあっという間に時間がとられます。そのため、普通に遊んだ場合、30分で終わらすことは難しいです。駐車場代は結構かかると思った方がいいでしょう。

ちなみに駐車場前の道は一方通行です。場合によってはグルグル回ってしまう恐れや一方通行に気づかず走ってしまうこともあるので、看板をしっかり見ましょう。Googleストリートビューなどで事前に道を調べておくといいかも。

水元中央公園の平日の混雑状況

私は平日の午前10時ごろに水元中央公園に訪れました。駐車場は空いていて入りやすかったですが、公園は平日にもかかわらずかなりにぎわっています。特に周辺の保育園や幼稚園から数多くの子供たちが訪れており、様々な遊具で遊んでいたり、広場で走り回ったりしています。

園児だけでなく健康遊具があるためか、ジョギングや散歩をしているお年寄りも数多く見かけ、平日の公園とは思えないほどの賑わいです。それでも駐車場や駐輪場は空きが多く、園児の行動は先生にコントロールされているため、遊具で遊べないほど混んでいるわけではありません。

ただ、公園内を自転車で走っているお年寄りを見かけたので、自転車事故に合わないよう子供を遊ばせている間は目を離さないようにして、移動する際は手をつないで歩いた方がよさそうです。



水元中央公園の遊具と遊び場について

水元中央公園には子供が楽しめる遊具がたくさんあります。特に子供が好きな複合滑り台は何基も取り揃えており、子供は喜ぶと思います。

また、走り回って鬼ごっこやサッカーができそうな多目的広場、スポーツが楽しめる体育館やテニスコートなど老若男女問わず楽しめる施設も。

写真では干上がっていますが、じゃぶじゃぶ池もありました。夏場には子供たちが楽しく遊べますね。

滑り台や遊具は葛飾清掃工場近くに東西南北分かれており、すべてを1日で回るのは困難です。1位日中遊びつくせば回ることは可能かもしれませんが、東西南北の公園はそれぞれ離れた箇所に設置されており、回るだけでも一苦労。あらかじめ遊ぶ箇所を調べて決めてから公園に行った方がいいと思います…。



水元中央公園遊びレポ 2歳の娘でも楽しめる?

私が訪れたのは10月半。そのため、じゃぶじゃぶ池が終了した後でした。先に説明しましたが、水元中央公園はとても広く、主な遊具があるのは東西南北4箇所に分かれています。4箇所は距離が離れていて、いっぺんに全て回ることができません。清掃工場北側と南側は大型遊具やポニー場があるため、幼稚園高学年や小学生におすすめです。

ただし、2歳の子供にとっては遊具が大きく、遊びには適していないように思えます。また、駐車場からも多少距離があるため、幼い子供と歩いていくにはいささか厳しいです。そこで小さな子供でも遊べる遊具が揃っている清掃工場東側に足を運びました。東側は何度も登場しているじゃぶじゃぶ池がある箇所です。

まず目に入るのが2-3歳の幼児でも昇って遊べる複合滑り台です。足の短い娘でも簡単に昇れて滑って遊んでいました。

古タイヤを使った遊具がありました。2歳の娘はベンチにしかなっていませんでしたが、ある程度年齢が高い子供であれば、古タイヤの上をジャンプして進んだりできそうですね。

2歳の娘には到底出来そうもないアスレチック複合遊具的なものも。小学生くらいが楽しめそうですね。運動音痴の私には無理ですが…。

ブランコやジャングルジム、シーソーなど一般的な公園にある遊具もそろっていました。

公園内で自転車を走るのは禁じられておりませんので、公園内を自転車で走っている人がいました。あまりスピードは出していませんでしたが、ぶつかると危険なので注意して下さいね。

水元中央公園は思ったより広くて遊具が豊富

当日は2歳の娘と1時間くらい遊んでいましたが、清掃工場東側で遊んでいるだけで満足してしまいました。東側だけでも普通の公園と同じくらいの遊具があり、種類も豊富です。しかも走り回るくらい敷地が広いので何時間でも楽しめます。

他の3箇所も同じくらい遊具があるので、1日で全ての遊具を遊び倒すことは難しいと思います。※また訪れることがあれば、追記します。年齢層がある程度離れていても楽しんで遊べる公園として是非おすすめです。

住所〒125-0032 東京都葛飾区水元1-23
開園時間常時開園
駐車場料金始めの30分無料、その後30分毎100円
アクセス京成バス
金町駅北口~大場川水門
「中央公園」下車すぐ東武バスセントラル
亀有駅北口~水元総合スポーツセンター
「水元総合スポーツセンター」下車すぐ
綾瀬駅~水元総合スポーツセンター
「水元総合スポーツセンター」下車すぐ


みっち

千葉県を愛する4歳♂2歳♀の子持ち主婦ライター&ブロガー。本ブログは千葉県中心にお出かけ施設、地域グルメや市販品の食べものを紹介しています。



関連記事一覧